先生

美容外科でアンチエイジング治療を受けよう|人気施術の特徴を調査

  1. ホーム
  2. 治療の特徴や費用

治療の特徴や費用

カウンセリング

治療の特徴や費用

毎日のスキンケアでは不可能なしわ取りやリフトアップができるのが、アンチエイジングの美容医療です。メスを使わないで行うアンチエイジングの美容医療は沢山あり、肌の老化、しわ、たるみ、乾燥、毛穴の開きなどを手軽に改善することができます。自然にアンチエイジングができる美容医療が、自分自身のコラーゲンを増やして肌を若返らせる方法です。コラーゲンは人体を作っているたんぱく質です。顔の中では真皮層に存在し、ヒアルロン酸やエラスチンと一緒に肌にハリを作っています。コラーゲンが真皮層にたっぷりとあると、毛穴が引き締まり、きめが整って透明感が出ます。しかし、年をとるとどんどん少なくなり、それに伴って肌トラブルが多くなります。美容医療でコラーゲンを増やせば、自然に肌トラブルが少なくなり、しわやたるみの予防もできます。何かしらの異物を入れる美容医療ではないので、後遺症や副作用などのリスクもなしです。PRP皮膚再生療法も、自分自身のコラーゲンに働きかける美容医療です。PRP皮膚再生療法では、自分の血液を採取して、そこから抽出したPRP(血小板)を注射します。血小板には成長因子がたっぷり含まれています。成長因子はコラーゲンやヒアルロン酸の生成を活性化して、アンチエイジング効果が高い成分です。注射をするのは自分から採血した血小板なので、アレルギーや拒絶反応などが出ることがなく、安全にしわやたるみをなくせます。一度PRP皮膚再生療法をすれば、効果は3年以上持ちます。費用はほうれい線消しで20万円、顔全体で50万円が相場です。レーザーや高周波でコラーゲンを増やす治療もあります。フラクショナルレーザーは、アンチエイジングやニキビ跡治療に使われることが多いレーザーです。レーザーを肌にあてるとそこに小さな穴があき、それを埋めるようにしてコラーゲンが増えます。コラーゲンの生成アップ作用で、くぼんだクレーター状のニキビ跡が盛り上がり、フラットになります。フラクショナルレーザーの費用は、一回1万円程度です。数週間置きに複数回繰り返して照射をすると効果があります。高周波マシンも、アンチエイジングのために使われることが多いです。高周波はレーザーよりもマイルドな効果があります。照射をしても、表皮に一切傷がつかないのがメリットです。傷跡を残すことなく、真皮層のコラーゲンを刺激して活性化します。高周波治療の費用は頬だけで20万円、顔全体で30万円ほどが目安です。一回照射すると3ヵ月〜6ヵ月ほど効果が持ちます。